スティードとは、駿馬のことです。駿馬は、「しゅんめ」と読みます。時として、暴れたりもします。


by shinza-hyper
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2005年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

大型二輪、初回。

6月4日朝、08:00には教習所にいた。
20:10からの「大型二輪初回」のキャンセル待ち目指して
キャンセル待ち名簿に名前を書くためだけに行ったのだ。

今回はあたし一人ではなく、舎弟も一緒に通うことになった。
カスタムのことであたしに何のかんの言った、アイツだ。
話しているうちに、自分も大型を取りたくなったという。
早起きの甲斐あって、あたしも舎弟も乗ることができた。
早起きして名簿に名前を書いたのはあたしで、
夜に教習所まで行ったのは舎弟の車、舎弟の運転。
持ちつ持たれつというところだ。
初回を無事に終えることができたので、今後の予約は
お互いの仕事等の都合に合わせてということになる。
競争するようなつもりは、もともと、ない。

教習を終えて帰宅してから我が家で一緒に飲んだ。
いい年こいた男が二人、童心に帰ってバイクの話に興じる。
ツマミを作ったり運んだりしながら、カミさんが
ニヤニヤ笑いっぱなしだったっけ。
d0005625_10525079.jpg

舎弟と焼酎。
[PR]
by shinza-hyper | 2005-06-05 09:43 | バイク

次なるステージへ。

2月28日に教習所での卒業検定をクリアして、
その足で運転免許試験場に向かったのだった。
早くも3ヶ月あまりの時間が過ぎた。

そして今日、再び教習所を訪れた。
そう、大型二輪の免許を取りたいと思っているのだ。
理由も事情もある。
今回は、教習の進み具合の報告と並行して、
その理由と事情を書き記してみたいと思っている。

これが教習所のバイク専用コース。
d0005625_2230868.jpg


「カミさんの親父は、ハーレー乗りだった。
だが不治の病に冒され、あたしたちが結婚する半年前に
57歳の若さで他界した。
親父の葬式にはハーレークラブの隊列ができて、
公道を圧倒するほどの壮観さを呈していた。」    続く。
[PR]
by shinza-hyper | 2005-06-03 22:34 | バイク
実際にバイクで走っていなかったので、特に
ここに記すようなこともなかったというのが実情だ。

だが、日曜日に少し走ってきたので、そのときの
スティードをお目にかけたいと思う。
どん、どん、ど~~ん!
d0005625_23584722.jpg

高速道路のPAやSAは、意外に「バイク専用駐車場」のようなものがない。
あたしも仕方なくゼブラゾーンに置いたりして、苦心した。
おかしいのは、あたしの後ろにもう一台とめてあったこと。
どなた様も同じ考えとみえて、ちょっとした先例にも従うようだ。
さすが、日本人!
[PR]
by shinza-hyper | 2005-06-01 23:51 | バイク