スティードとは、駿馬のことです。駿馬は、「しゅんめ」と読みます。時として、暴れたりもします。


by shinza-hyper
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

東京のまん真ん中。

d0005625_23125888.jpg

店の買い物で、銀座へ出ることがある。
バイクで行くと、必ずここを通ることになるのだ。
奥に見えるのは皇居の内堀。建物は桜田門あたり。
ここから左に100mも行けば、半蔵門がある。

ジョギングを楽しむ人たちが通り過ぎる。
バイクの撮影をしていたら、怪訝そうな顔で見られた。
確かにこの光景とスティードは合わないかもしれない。
[PR]
by shinza-hyper | 2005-05-21 23:21 | バイク

ガレージ

はからずもバイクが二台になったので、置き場所に困っている。
マジェスティの方がやや大きいようで、これは自宅の車庫に。
そしてスティードは、店に置いているというわけだ。
開店前に出して、閉店後に入れての繰り返し。
d0005625_22543299.jpg

狭い店なので、バイクを入れると店中バイクだらけだ。
d0005625_22552744.jpg

[PR]
by shinza-hyper | 2005-05-19 22:58 | バイク

防寒具

バイクは風を切って走るので、体温を奪われる。
それでバイク乗りはごっついジャンパーを着ている。
真夏でも、その姿勢は変わらない。
このところの東京の寒さ、5月としては異例だろう。
あたしはバイクに乗る都合もあって、珍しく
ジャンパーを出しておいたのである。
じゃ~~ん!
d0005625_2117447.jpg

見てわかる通り、せっせとビールを飲んだご褒美だ。
タダで貰ったものだけあって、中綿はごくごくライト。
防寒という目的には合致しないような気もする。
だが、これが案外といいのだ。
中にTシャツを一枚だけ着て、これを羽織る。
寒いといっても気温は15~6度はあるわけで、
風を切って走るのにもこれでちょうどいい。
革ジャンは大袈裟かもしれないという時期に、重宝しそうだ。

実はこのスタジャン、秘密がある。
じゃ~~ん!
d0005625_21203997.jpg

リバーシブルなのでした!
でも阪神のユニフォームみたいで、こちら側では着たことがない。
金色側ばかり汚れちゃって、もう、あぁた…。
[PR]
by shinza-hyper | 2005-05-14 21:28 | バイク

東京の夜景

昨日のことになるのですが、店の買い物があって
スティードで「ドドドドッ」と出かけてきました。
そのときに撮った写真をUPしてみます。
d0005625_2384852.jpg

隅田川にかかる15の橋の最後、勝鬨橋(かちどきばし)です。
昔は(大きい船の通過のときなんか)、中央が跳ね上がっていたんですよ。
今じゃこんな浮っついた照明に照らされちゃってて、もう。

で、ふとあたりを見たら東京タワーが目に入ったということで。
そこがバイクの機動力、「ドドドドッ」て、行っちゃいました。
d0005625_2313837.jpg

だけど、写真は陳腐ですねぇ~。
もしかして、東京タワーって誰が撮ってもこんなものかも。

以上、主役のないバイクブログでした~!
[PR]
by shinza-hyper | 2005-05-12 00:56 | バイク

お出かけ日和

店は休みなのだが、店の用事で出かけた。
プチ・ツーリングを決め込んで、スティードで出た。
真っ先に用事を済ませてしまい、そのあとは気の向くまま
東京の街を走ってきたのだった。
先日訪れた京浜島の近くに行って、また飛行機の写真を
撮ってみた。やはり、ダメだ。もう撮らないことにする。
d0005625_22184376.jpg

帰りがけ、トンネルの中で燃料切れになってしまった。
幸い予備タンクのガソリンで家まで帰ることができたのだが、
さすがに生きた心地がしなかった。よりによってトンネル!
空いているところで良かったというのが、正直な気持ち。
こうしてひとつひとつ学習していくんだろうか。
d0005625_22214622.jpg

[PR]
by shinza-hyper | 2005-05-04 22:24 | バイク

グラブ

d0005625_6452764.jpg

昨日の午後、用事があったので出かけた。
電車で行くと乗り換えもあるし駅から近いわけでもないので、
こんなときこそとばかりにスクーターで出たのだった。

用事を済ませた帰り道、素敵な店を見つけた。
バイクウエアの店なのだが、複数のブランドを集めていて
なかなかお洒落な展開を見せている。
革ジャンなども丈夫で機能的なものが数多くあった。
もちろん、それなりに値段は高いのだけれど…。

その中で一つビビッときたアイテムがあって、即刻購入。
それがこのグラブというわけだ。
指の部分に施されたアクセントもいいし、掌のパッドもいい。
そしてデザインだけではなく、機能も素晴らしい。
手に馴染む感じが抜群で、しかもバイクのグリップやレバーを
実際に握ってみると驚くほどしっくりと合う。
革そのものも、縫製の技術も、相当上質なのだろう。
素手で出かけたのに、帰りにはこのグラブを装備。
こうして少しずつお気に入りアイテムが増えていくは、
子供のおもちゃ集めのようでもあって、楽しいものだ。
[PR]
by shinza-hyper | 2005-05-03 07:05 | バイク