スティードとは、駿馬のことです。駿馬は、「しゅんめ」と読みます。時として、暴れたりもします。


by shinza-hyper
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:バイク( 65 )

反則切符。

何年かぶりで、違反をした。

一車線道路で、交差点にだけ右折レーンがあるところ。
右折レーンを走っていて、信号待ちの停止線のところで
ひょいと左側の直進レーンへこんにちは。
実はあたしの前に同じことをやっている兄ちゃんがいて、
あたしはその後を追いかける形であったのだが…。
信号が青になって2台が直進を開始した瞬間に
「フワ~~ン!」という、あの素敵な白バイのサイレン。
2台いっぺんに捕まったというのは、初体験だった。

通行区分違反ということなのだそうだ。
右折レーンに入ったのだから、右折してくださいと。
兄ちゃんは、散々抗弁していたっけ。
兄「車線変更ですよ、あれは」
警「そうだというなら、停止線オーバーだね。」
警「割り込みでもいいよ。」
兄「こないだも夜中の12時半にスピード違反で捕まったっす。」
警「あ、そう。」
兄「あんな時間にやって、どんな意味があるんですか?」
警「君みたいのがいるから、やるんだよ。」

あたしは黙って二人のやりとりを聞いていた。
違反は違反だから、逃げも隠れもしない。
が、違反をしたという意識は、正直言って全然ない。
たまたま今はゴールド免許だが、次の更新では
青に戻ってしまうのだろう。それは仕方ないし、構わない。
どだい、あたしは免許の色などにはとんと無関心で、
常々、安全運転というのは自分の心にあると思っている。

例えばスピード違反というのは、たいてい確信犯だ。
知らずに犯すケースというのは、ごく稀だと思う。
ところが、今日の自分の行為は、何が違反だか分からない。
通行区分違反でなく、停止線オーバーで切ってもらえばよかった。

それでもしばらくは、道路の左端をテコテコ走ることだろう。
喉元を過ぎて熱さを忘れた頃、同じことを繰り返すのかどうか?
それは、時間が経ってみないとわからない。
[PR]
by shinza-hyper | 2005-08-08 21:04 | バイク

スクーターでお買い物♪

店の買い物のために、定期的に銀座へ出る。
この歳になると、銀座という町の味が分かる。
d0005625_238168.jpg

あんぱんの元祖、銀座木村屋の外観はこのような感じ。
右から左へ書かれた文字が、創業当時の意地を見せている。
用事があるのは、コーヒー屋さん。
アイスコーヒーをご馳走になった。
d0005625_239575.jpg

友人が、「バイクに乗るのなら、排気ガスに気をつけて。」と忠告してくれた。
知り合いがバイクに乗り過ぎて喘息になったというのだ。
原因がわからないままでいたのだが、バイクではないかと気づき、
バイクに乗るのをやめたらピタリと治まったという。
確かに都内の空気ではそうかもしれない。
ちょっと郊外に出ると、バイクで走っていても空気が美味しいと思う。
[PR]
by shinza-hyper | 2005-07-29 23:44 | バイク

ドカタ焼け

本来ならば「土方焼け」なのだが、一発変換はできない。
今では土方も死語になりつつあるようだ。
さて、何が土方焼けかというと、あたしの腕だ。
d0005625_19582380.jpg

グラブから上、半袖の袖口まで、この焼け具合だ。
いつもの夏ならばプール焼けで上半身は均一になるはず。
それが今年はこんなことになった。
本当は長袖を着て走るべきで、腕が焼けてはいけない。
だが、昨日は暑さに負けたのだった。

コケたことばかりを書いたが、ゴーグルのことを少し。
とても調子がいいのだ。何よりも視界が広いのがいい。
後方確認も、ちょっとの首振りで用が足りる。
デザインだけでなく、機能もたいしたものらしい。
[PR]
by shinza-hyper | 2005-07-19 20:03 | バイク
昨晩の酒が相当残っていたにもかかわらず、
スティードでドドドドッと出掛けました。
梅雨明けしたことを知らないまま出たので、
「ずいぶん暑いなぁ、どうなってるんだ、こりゃ?」と
道中ずっと不思議でなりませんでした。

さてさて今日は、面白い体験をしましたのでUP。
教習所でコケて以来になるのですが、バイクを倒しました。
ところが、普通の立ちゴケなどではないところが
あたしらしいとでも言うか、バカバカしいと言うか。
高速のPAに入ってバイクを止め、降りようとしたとき、
その瞬間の出来事だったのですが…。

普通に降りて、降りたらサイドスタンドをかければいいじゃん!
なのに横着して跨っているうちからスタンドを出そうとするから
ああいうことになるんだぞ!
そりゃ今まで一度も失敗していなかったけれど、そこが慢心!

お読みいただいている方、お分かりになりましたか?
出ていると信じ込んでいたスタンドが、出てなかったんです。
そりゃ、倒れますって。つっかえ棒がないんですものね。
自分で言うのもなんですが、かなりビックリしました。
人間の思い込みというのは恐ろしいものです。
スタンドが出ているつもりでバイクを傾けたら、それがそのまま
自分の方へズゴゴゴって倒れてくるんですものね。
ちなみにスティードの車体重量は、210㌔です。

幸いあたしもバイクも無事です。悪運は強いのでしょう。あはは。
[PR]
by shinza-hyper | 2005-07-18 17:28 | バイク
ゴーグルが欲しかったんですな。
高速道路なんか走ってると、小さな石が
ピシピシ飛んできて眼鏡に当たったりします。
メットが特殊なので、シールドがかかりません。
したがって、ゴーグルで対応しようかと。

まずは、これ。
d0005625_2127030.jpg

メットにつけると、こんな感じで。
d0005625_21234119.jpg

さらに本人が装着するとこんな感じ。
d0005625_21244230.jpg


次の狙いは革ジャン。
バイクは危ない乗り物なので、機能優先だぞ。
だから、金額は、二の次だぞ。
[PR]
by shinza-hyper | 2005-07-14 21:30 | バイク

舎弟のこと。

ブログの更新を、しばらくサボってしまった。

さて、今日は嬉しい知らせがあった。
舎弟が無事に大型免許の卒検に合格したのだ。
検定合格後、わざわざ店に立ち寄って報告してくれた。
珍しく饒舌だったところからすると、ヤツなりに
緊張していたものと思われる。
同時に通い始めたものの、仕事の関係などで
あたしの方が先にとってしまったわけだが、これで
あたしもホッとしたというものだ。

その舎弟というのがどういうヤツかを示す、
とてもいい画像を保管してあるのでそれを披露する。
ヤツが仕事がらみで高知に行ってきた折の土産がこれだ。
d0005625_22513996.jpg

酒一升、カツオ、そしてシラスである。
何とも酒飲みのツボを心得ていて、泣かせてくれる。
もっとも、シラスは子供たちが瞬時に平らげてしまい、
大人は味見程度にしか食べられなかったのだけれど。

今日は用事があるということだったので止むを得ないが、
改めて二人で祝杯を挙げたいと思っている。
[PR]
by shinza-hyper | 2005-07-13 22:54 | バイク

プチ・ツーリング

タイトルをタイプしただけでイヤになった。
「プチ・~~」って柄じゃあないっての、あたしは。

さて話は昨日のことになる。
あたしのアルバムにおいでになり、写真の指導などしてくださる
しゃぼん玉館長にお目にかかってきた。
しゃぼん玉写真館というアルバム、あるいはまた
しゃぼん玉写真館別館というブログ、どちらも館長の運営である。
あたしがそこへお邪魔するうちに、「こちらの方へお出かけになっては?」
という話が固まってきた。バイクを走らせるにもちょうどいいので、
お言葉に甘えてノコノコと出かけてきたというわけだ。
埼玉県川越市の西の端っこ、あたしの自宅から往復で100キロとちょっと。
やはり、「プチ」という冠がふさわしい。
d0005625_2126171.jpg

手土産代わりの、サンドイッチ。
店で出しているものと同じスペックで作った。
d0005625_21265288.jpg

集合場所の公園にいる、「バリケン」という鳥。
元は食用だというのだが、食指が動かない。

他に、まなぴ~さんとあや姫が登場。
あや姫とは旧知の仲だが、館長とまなぴ~さんには
ともに初めてお目にかかった。
にもかかわらず、話も弾んでとても楽しいひと時だった。
ただ走るのもストイックでいいのだが、別の目的があるのもいい。
またの機会があれば、ぜひ再度挑戦してみたい。

皆さん、ありがとうございました。
楽しいひと時、心から感謝しております。  新三
[PR]
by shinza-hyper | 2005-07-04 21:46 | バイク

イタズラ

大型二輪の免許を取って、一息は一息。
目標を失ってしまったような喪失感も、若干。
だがそれは、これから走ることで解消されるだろう。

昨日、バイクに悪さをした。
d0005625_20524079.jpg

四十の手習いで取った免許、この言葉が当てはまるかもしれない。
d0005625_20534743.jpg

酒がパワーとは洒落が利きすぎているが、
こちとらバイクを降りればただの呑兵衛だ。
看板に偽りなし!
d0005625_20555670.jpg

ついでにスクーターにも同じステッカーを貼った。
powerというロゴの色だけが違っている。

いずれにしても、遊び心。
子供の頃、タンスにでも何にでもペタペタペタとシールを貼り、
イヤというほど叱られたことを思い出した。
[PR]
by shinza-hyper | 2005-07-02 20:58 | バイク

大型自動二輪免許、取得

今日は、問題なく検定に合格した。
一本橋がちょっと速かったけれど、誤差のうち。
昨日のエンストは何だったんだということだが、
話のタネ・酒の肴にするということで、ご愛嬌だ。

卒業証明書を貰ったその足で、運転免許試験場へ。
手続きをしてから免許証が発行されるまで一時間ほどあったので、
その間に食事をしに外へ出た。
戻ったときにはもう免許証ができていて、はれて大型二輪の
免許所有者となった次第である。

d0005625_16414045.jpg


運転免許は、おそらくこれが最後になるだろう。
現段階では、大型購入の予定はまだないのだが、
ハーレーのこともあるし、ゆっくり検討したいと思う。
今晩は、祝杯をあげよう。

このブログで励ましてくださった皆様に、
改めてお礼を申し述べたいと思います。
皆さん、どうもありがとうございました。
お陰さまで、免許を取得できました。

これからもここはバイクのブログとして続けます。
たまに、遊びにいらしてください。
[PR]
by shinza-hyper | 2005-06-27 16:46 | バイク

卒業検定

今日は卒業検定に行ってきました。
「大型免許取得!」というタイトルでないことで察しはつくかと
思うのですが、検定不合格でした。

自分としては完璧に回っていたのですが、アクシデントは
一本橋で、それも渡り終える直前で起きたのでした。
大型二輪は10秒以上かけて渡り切るというのが課題で、
ふっとタイマーを見ると、やや時間が短すぎたのです。
でも、落ちたら即アウトですから、渡り切ればいいんです。
減点だけで済むのですから…。
とそんなことを思った瞬間、こともあろうにエンストしたのですよ!
渡り切った後だったらどうということもなかったのに、
よりによって一本橋の上でエンストとは、ああぁぁ!

考えうる原因は二つ。
アクセルが足りなかったか、後輪ブレーキを強く踏んだか、です。
一瞬の出来事だったので、自分でもどちらか分かりません。
あるいは、両方が同時に起きたのかもしれません。
時間を気にした瞬間に起きたことですから、おそらく
ブレーキングのミスだったのだろうと思っています。
理由はともあれ、不合格は不合格。
一時間の補習を受けて、明日の検定を申し込んできました。

励ましてくださった方には、申し訳ありません。
あしたは、ちゃんとアクセルを回して、ブレーキも適度にして
満点で合格してきます。
そのまま試験場に行って免許証の交付を受けて、
明日のブログでは新免許証をUPできることでしょう。
[PR]
by shinza-hyper | 2005-06-26 14:57 | バイク